クラミジア (2) - クラミジア検査

2016年09月28日

クラミジアとは

クラミジアとは
クラミジア感染症(くらみじあかんせんしょう)は、クラミジア・トラコマチス(Clamydia trachomatis)という微生物により発生する病気です。
今、最も感染者が増えている病気です。

クラミジアの感染経路
クラミジアは性交・キスなどにより粘膜に感染します。
感染部位は咽頭(のど)、尿道(男性のみ)、膣内(女性のみ)。
相手が咽頭(のど)感染している場合、通常の口づけでは感染する可能性は低いものですが、ディープキスの場合は感染率が高くなります。
女性の場合、子宮頚管(子宮の出口)から上行性に子宮、卵管を通って腹腔内に進入します。

性病クラミジアの症状
クラミジアは感染後数週間で発症しますが、無症状の場合もあります。
男性の場合は、潜伏期(1〜3週間)を過ぎると、尿道に不快感がでたり、排尿痛になったりします。尿道から透明な膿が出ることもあります。 女性の場合はおりものが増える事があったり、下腹部に軽度の痛みがある程度で、自覚症状はとぼしいことが多いです。。 治療せずに放置しておくと、クラミジアが体内深部に進行し、男性の場合は尿道経由で前立腺炎・副睾丸炎(精巣上体炎)・肝炎・腎炎になる事があります。精子の通行障害がおこると不妊の原因になる事もあります。
女性の場合は子宮頸管炎・卵管炎など次々と炎症が進行していき、不妊の原因となる事もあります。
妊娠中には紘毛羊膜炎をおこし、早流産の原因となることがあります。 また出産時に産道経由で新生児がクラミジアに感染すると産道感染により、胎児が結膜炎・肺炎となる事があります。 クラミジアは自覚症状にとぼしいため、感染に気づかず保菌している場合が多々あります。 喉に感染すると喉が痛くなり痰が増えたりするが、無症状の場合もあります。
のどが腫れるなどカゼの症状に似ているので、放置してしまう事があります。カゼで病院に行ったら、実はのどがクラミジアに侵されていたとうことあります。 クラミジアに感染していると、HIVの感染率が飛躍的に高くなります。

クラミジアの検査法
男性の場合は泌尿器科・性病科、女性の場合は産婦人科・性病科を受診します。 咽頭感染の場合は耳鼻咽喉科。 性器感染の場合は患部から体液や尿を採取し、病原体検査をし、クラミジア菌の有無を調べます。
陰性か陽性かは簡単に判明する事ができます。


クラミジアの治療法
クラミジアはどこに感染しても治療法は同じで、テトラサイクリン系,マクロライド系,ニューキロノン系の抗生物質・抗菌剤を2週間程度投与する事で治療できます。症状は数日でなくなる事が多いが完全に死滅していない事があるので、医師の指示通り服用してください。途中でやめた場合ぶり返したり、菌に耐性がついて治りにくくなる事があります。また、薬に耐性のある耐性菌も増加しています。 アジスロマイシン耐性のクラミジアも増えています。
最近は、クラミジアに非常に有効な薬が開発されました。それは一回の服用で一週間から10日ぐらいセックスを控えれば完治します。 但し、症状が慢性化して、卵管などが癒着してしまった場合は、治療に時間がかかることがあります。


クラミジアの予防
コンドームの着用である程度予防することができますが100%ではなく、口から口へという場合などが考えられます。
一番の予防法は不特定多数との性行為の自粛です。
posted by クラミジア検査 at 02:14| クラミジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
http://xn--cckza1a8lybv257c1wb.net/
Copyright © クラミジア検査 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。